中野Gのスレッド

好きに書く日記でもあり、真面目に振り返る活動記でもあり、未だ見ぬ何かへのマイルストーンでもあります。

9~10月に行ったイベントについて語る

暇があまり無くなってきました。
11月末くらいまでは各方面で動き回る感じになりそうです。
そこでちょっと前のもありますが、記録も兼ねて9~10月に行ったイベントの所感でも書いておこうと思います。

 

戦極MCBATTLE fes 2015 (渋谷VUENOS)

http://pds.exblog.jp/pds/1/201508/28/63/e0246863_2133490.jpg引用(http://sengokumc.exblog.jp/)

おなじみ戦極MCバトルの大型イベント。いつもは撮影で参加していますが、今回はずっと担当されていたチームが撮影するということで、純粋なオーディエンスとして参加しました。
今回の目玉としては、有名アーティストのライブに出演できる、コンピレーションCDに参加できる、自分のMVを制作してくれるなど豪華副賞付きのMCバトル「レーベルオーナードラフト会議」と、タッグマッチMCバトルで知られるAsOneとコラボした「夢のエキシビジョンタッグバトル」の二つ。
個人的にはやはりタッグバトルに燃えましたね。2010年代のスターがバトルから遠ざかりつつあり、パッと見で分かるほどキャラの濃いMCが減ってしまった昨今。そんな中で、今回のタッグバトルはキャラの濃いスターのみで構成され、さらにタッグバトルというエンターテインメント性の強いシステムを採用してくれたため、自分がMCバトルにハマった頃のような熱狂に身を投じることが出来ました。

 

●Red Bull Thre3Style 2015 World Final (ageHa)

http://images.iflyer.tv/bw_1004/bh_372/pf_1/1_3hcu3ehkgxqd5gfmbtmt9.jpg
引用
(http://www.ageha.com/)

世界一のParty rock DJを決める世界大会。前々から注目していましたが、今年はワールドファイナルが日本で初開催されることもあり、一生に一度のチャンスと思い夜のageHaに一人向かいました。
MCバトル関係でクラブは何度も行ったことがあるものの、純粋なパーティ的なイベントに行った事は一度もなく、しかも場所があのageHaという事でかなり緊張していました。しかし、人間一人の格好なんてどうでも良くなるほどageHaが広かったので、自分の緊張は氷解し、何の気兼ねもなく大会を楽しむことが出来ました。
世界各国から来たDJの個性豊かなプレイを楽しみ、近くにいたドイツ人から「俺たちドイツのDJを盛り上げろ」的な要請を受けたり、これまで味わったことのないバズーカのような重低音にも感動。そして帰りのバスで隣だった人がDJで、つい話し込んで仲良くもなりました。
個人的には読売ジャイアンツのユニフォームを着たり、火炎放射などのパフォーマンスが面白かったドイツのDan Gerousがお気に入りでしたが、惜しかったですね。

www.redbull.com

 

●UMB2015 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL (新宿ReNY)

http://static.wixstatic.com/media/69276c_d9b58fb701314f29bacd48a410a27e9c.jpg_srb_p_596_421_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb
引用
 http://www.umbjapan.com/

日本一のバトルMCを決めるための大会、UMBの決勝トーナメント。
勝利の根拠を明確にする「10ポイントジャッジ制」や、MCが試合の曲を手にできる「ビート・ゲット・システム」など新機軸を次々と打ち出したこの大会。予選は参加しなかったものの非常に注目しており、決勝は何があっても参加せねばと決意していました。
様々なバトルイベントを見に行った自分ですが、このUMBは様々な面で完成度が段違いだったと思います。面白いシステム、他大会とのコラボレーション、ステージ演出、映像の使い方、ライブ無しでバトル特化など、非常に面白いエンターテインメントイベントだったと思います。
ただ初開催ということもあり、
・非常に長かった開始までの待ち時間
・理由の伴わないポイント内訳発表
など、どうなのかなあと思う点もチラホラ。次回のking of kingsでは改善期待です。

そして肝心の試合の方は、自分としては崇勲の一択だったな思います。呂布カルマ、GADOROなども奮戦していましたが、R-指定の言っていた「上手いこと返した」という観点で言えば崇勲がダントツでした。色々な視点があって良いと思いますが、昨今来つつあるMCバトルブームを考えると、個人的には「上手いこと返せるか」が最も大事になってくる部分かと思います。

www.umbjapan.com

 

●都立西高OB吹奏楽団 第37回演奏会 (杉並公会堂)

http://www.nobb-web.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/09/37th%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7ver3-%E3%80%90%E5%85%A5%E7%A8%BF%E3%80%80%E5%85%AC%E4%BC%9A%E5%A0%82%E7%94%A8%E3%80%91.jpg 引用 http://www.nobb-web.com/

前3つとは打って変わって、こちらは吹奏楽の演奏会です。
OBでもない自分が何故行ったかというと、制作中の作品「さらば 大戦士トゥギャザーV」の音楽を担当した光田さんの作品「交響的第一章」の初演があったのです。
当初は別件で行けないはずだったのですが、生演奏で聴ける機会はなかなか無いと思い、頑張って後半戦から参加した次第です。
それで肝心の内容なのですが、やはり大編成のオーケストラは厚みがあり、聴いて良かったなあと非常に感動しました。こんな大編成で自分の作品音楽が作れたらいいのになあ…と無茶な夢を抱きつつ、終了後に光田さんに「あの曲使わせてください」と言ってみたところ、案の定一蹴されました(笑)。
また映画好き的には、アンコールで演奏されたスターウォーズのテーマも最高でしたね。

 

以上、所感でした。