中野Gのスレッド

好きに書く日記でもあり、真面目に振り返る活動記でもあり、未だ見ぬ何かへのマイルストーンでもあります。

平成ライダーの2号をタイプ分け

絶賛(?)放送中の『仮面ライダーゴースト』にも、ついに2号ライダーである仮面ライダースペクターが登場しました。かなり王道の2号ライダーテンプレを踏襲している彼ですが、2号ライダーにも様々なタイプが存在します。
せっかくの機会なので、これまで登場した2号ライダーをタイプ別に分類してみましょう。

http://www.toei.co.jp/tv/ghost/story/__icsFiles/afieldfile/2015/10/23/top.jpg

引用:仮面ライダーゴースト | 東映[テレビ]

 

①未熟な新人タイプ

自らの弱さにコンプレックスを持つライダー。
自ら進んで仮面ライダーになったパターンが多く、彼の成長エピソードは物語全体における大きな魅力/転換点になる場合がほとんど。主観ではあるが、成長幅の大きさや庶民的な振る舞いから視聴者からの人気は高く、作品によっては主人公以上の好感を得ることも。
また裏を返すと、このタイプの2号ライダーは「主人公が既に完成された価値観を持つ」作品に登場することが多い。

 

・このタイプの2号ライダー
仮面ライダーG3/氷川誠(仮面ライダーアギト)
仮面ライダーガタック/加賀美新(仮面ライダーカブト)
仮面ライダーバース/後藤慎太郎(仮面ライダーOOO)
仮面ライダーマッハ/詩島剛(仮面ライダードライブ)

 

・言いそうな台詞
「俺だってぇぇぇぇ!」「何で俺はこんなに弱いんだ…」

 

 

②助け合う友人タイプ

早い段階で主人公に共感し、対等な関係の友人になるライダー。
異なる立場から主人公一派に協力し、主人公に対するツッコミ役も兼ねたり、対等な関係だからなのかホモソーシャル的にも見える友情が生じたりもする。
主観ではあるが、①のタイプよりかは作中人気は高くなく、(ネタ的な面を除いて)主人公を食うほどの人気になることはほとんど無い。

 

・このタイプの2号ライダー
仮面ライダーギャレン/橘朔也(仮面ライダーブレイド)
仮面ライダー威吹鬼/イブキ(仮面ライダー響鬼)
仮面ライダーゼロノス/桜井侑斗(仮面ライダー電王)
仮面ライダーディエンド/海東大樹(仮面ライダーディケイド)
仮面ライダーアクセル/照井竜(仮面ライダーW)
仮面ライダーメテオ/朔田流星(仮面ライダーフォーゼ)
仮面ライダービースト/仁藤攻介(仮面ライダーウィザード)
※諸説ある中でギャレンを2号ライダーとした場合

 

・言いそうな台詞
「おいおいどうした、XX(主人公)!」「(主人公ピンチ時)XXは、俺が守る!」

 

 

③分かり合えない他人タイプ

主人公と真逆の価値観を持ち、主人公一派と精神的に距離を置くライダー。
協力関係になることはあっても完全には理解し合えず、最初から最後まで強固な信念で己の道を歩くが、最終的に確立された主人公の価値観をある程度認める。また能力的にも、主人公と同等クラスの力を手に入れることが多い。
「非情な舞台設定の中で、主人公が自分のスタンスに悩む」系の作品に登場することが多い。

 

・このタイプの2号ライダー
仮面ライダーナイト/秋山連(仮面ライダー龍騎)
仮面ライダーカイザ/草加雅人(仮面ライダー555)
仮面ライダーカリス/相川始(仮面ライダー剣)
仮面ライダーバロン/駆紋戒斗(仮面ライダー鎧武)
※諸説ある中でカリスを2号ライダーとした場合

 

・言いそうな台詞
「非情にならなければ死ぬだけだ」「(最終回付近で)ありがとう…」

 

 

すみません、仮面ライダーキバは唯一視聴していないので、仮面ライダーイクサはどこに入るかは不明です。(おそらく②でしょうが)
今回の仮面ライダースペクターはどのタイプに落ち着くのでしょうか。楽しみですね。