中野Gのスレッド

好きに書く日記でもあり、真面目に振り返る活動記でもあり、未だ見ぬ何かへのマイルストーンでもあります。

Webムービー『嬉し涙と悔し涙のまんなか』の思い出

12/18に公開されたWebムービー『嬉し涙と悔し涙のまんなか』に、助監督として参加しました。

www.youtube.com

こういった紹介記事だと、どこかに行かないと作品自体は見られない例が多かったですが、
本作品はWebムービーなのでリンクから全編をご覧いただけます。
ちなみに本作はCODEOという骨伝導ヘッドホンのPRムービーとなっていますが、
クライアントさんの意向で製品自体は表立って押さず、あくまでドラマ本位の作品となっています。

www.ecostation21.com

監督は上田さん、スタッフも慣れた人が多かったので、非常にやりやすく暖かい雰囲気。
同時に初めての方々もいらっしゃいましたが、みなさん凄い。。
特にメイクさんの、些細な一挙一動を見逃さない観察眼については、敬意を通り越して戦慄しましたね。
こんな事をしていながら、自分は非常に大雑把な性格をしているので、こういった能力にどうアプローチするべきか考えさせられました。

そしてこのCODEO、現場では非常に評判がよく、珍しいのか皆こぞって装着し「すごい!欲しい!」と言いまくっていました。
普段自転車に乗る自分も非常に欲しく、サンプル品とかもらえないかなあ…などと密かに思っています。

https://www.atpress.ne.jp/releases/83815/img_83815_1.jpg
画像引用
:プレスリリース http://www.yomiuri.co.jp/adv/life/release/detail/00024483.html



また、もちろん今回の仕事的な課題はありますが、個人的に大きな収穫がありました。
(今回でと言うよりかは、複数の出来事を通じて確信したというべきでしょうか)
詳しくは、自分が監督したPVが年明け以降に発表されるので、その際の記事で記述しようかと思います。

なお、このCODEOのWebムービーには続編やスピンオフもあるらしいです。
そんなすぐの発表ではないと思いますが、お楽しみに。